« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

危篤~ジェイ

ジェイの容態が悪化した。危篤状態だ。

昨夜遅くに病院へ行き、注射してもらって連れて帰る途中、2度水様性の下痢をしてうんちまみれになってしまった。ジェイの手足についた汚物を洗い流して、ガリガリになった体を拭いた。家に連れて帰り、フカフカのクッションをいつものジェイのお気に入りの場所にひきジェイを寝かす。いつもなら上体を起こして撫でれ~とばかりに鳴くのだが、そのときはもう起き上がる元気もなく、寝かせた状態のままだった。最近は、朝晩冷えてきたので、保護部屋の窓は閉めて寒くないようにと思って部屋を後にしたが…朝、床に横たわっていたジェイの体は冷たくかたくなっていた。
一瞬、死んでしまったのかと思った。「ジェイ、ジェイ、ジェイ」叫びながら体を撫でて見ると小さく胸が動いていた。生きてる!でも、ジェイの意識はない。そして瞳孔は開き、呼吸も浅かった。
このまま、息が止まってしまうのか?!嫌だ!死なせたくない。「ジェイ、ジェイ、ジェイ、死なないで」何をしていいか分からなかった。ただ、泣いて詫びて撫でることしかできなかった。
このまま死なせるもんか!先生に電話した。先生の声を聞いたら、また涙が溢れて話せなくなってしまった。電話の向こうで「どうした?どうした?」と。説明しようとする声は嗚咽となり、でも、なんとか伝えなくてはとジェイの状態を説明し、なんとなく先生も分かってくれたようで、「補液してあったかくしてあげな。でも、あっためすぎちゃだめだぞ。ゆすったりしちゃだめだぞ。」「はい。はい。はい…。」 

Jei10 今、PCをやっている私の傍らにジェイはいる。1分も目を離せない。今にも命が消えそうなジェイ。いつ呼吸が止まってもおかしくない状態にある。体は冷たく触っても反応もない。呼吸はあまりにも小さく、注意深く見ていないと息をしているのかさえ確認できない。時折、むせるような吐き出すような「ガハッ」と咳をする。そのたびに何かが気管でつまって呼吸が止まってしまわないかと、心臓がバクバクする。
側にいてあげよう。それしかできないから。

| | コメント (0)

退院~ちょん

ちょんが退院となった。私達をはじめ、院長先生、担当医、スタッフ…誰もがちょんが再び家に帰れると想像もしていなかっただろう。
担当医から「自分からよくごはんを食べるようになったよ。点滴も外れたから退院しても大丈夫そう」と連絡が入った。
「ちょん、退院できるって!自分でごはん食べてるって!」「わー、すごいじゃん」嬉しかった。仕事が終わってすぐに迎えに行った。
まだ、完全に治ったわけじゃない。まだまだ治療が必要な状態だ。でも、回復の兆しが見えたのだ。
  おかえり!!ちょん happy02
Chon7_2 

| | コメント (0)

生きて!

昼頃、ちょんの容態をtelephone確認。
「すごく悪いです。あんた、仕事終わったらお見舞いにきたら。」
珍しく先生の方からこの台詞を聞き、体がピーンと硬直してしまいました。
「はい、はい、すぐに、夕方すぐに急いでいきます。」
確かそう言ったと思う。
急いでいる時に限ってなのか、夏休みのせいか道路は混んでいた。やっと病院に着いたのは診察時間を10分ほど過ぎた頃でした。
病院に着くとちょうど診察台の上にちょんがいました。昼間点滴をつないだらしいのですが、点滴のチューブを引張って食いちぎっていたらしく、右手は血に染まっていました。点滴を左手に付替え、またチューブを噛まないようにと、ちょうどカラーを付けているところでした。よほど嫌だったのでしょう。もう3日以上まともにごはんも食べていないのに、よくそんな元気が残っていたと看護士さんともどもビックリしてしまいました。
確かにちょんはどんどん容態が悪くなっていました。頬はすっかりこけ、今日はもう両目ともあかなくなっています。背骨はコリコリ浮き出てしまい、フラフラの身体で闘っているのです。

Chon5
Chon6

一体どうしてやることができるのでしょうか…全身を優しく撫でながら、「ちょん、ちょん、死なないで」と声かけるしかできませんでした。しばらくカラーを支えて、頭や顔、のどのあたりを撫でていると、かすかに気持ちよさそうにのどを鳴らすのが指先に伝わってきました。
撫でるのをやめると、かすれた小さい声で「ニャー」、まるでやめないでと言ってるかのようです。どれくらい時間がたったのか、浅いながらも徐々に呼吸も穏やかになり、うつらうつらとし始めました。なんとなく顔つきも穏やかになったような感じもしました。そーっとちょんの頭を寝かせ、手を離しました。一瞬首をもたげましたが、小さくため息をついてまた寝入ったようでした。そーっとゲージから離れ、音を立てないように病室を出ました。
先生に、「明日遅くなるかもしれませんが、また来ます」と言って病院を出ました。
「ちょん、明日また来るからね、待っててね」

| | コメント (0)

経過(ちょん)

昼ごろちょんの様子を聞くため病院にtelephone
「変わりありません。」との回答。
悪くもなってないかわり、よくもないということ。
今日はどうしても病院へ行けそうにないので、
何度もよろしくとお願いをしてtelephoneを切りました。

色々ことを考えます。
ちょんの容態から先生はFIP発症の可能性を示唆。
私自身、色々と最悪な診断も考えていましたが、いざ診断を下されると辛いものです。
そして、原因はもともと持っていたコロナウィルスが発症したのだろうと。遅かれ早かれ発症するときはすると…そうなのかもしれませんが、起因はおそらく私の責任だと思います。

連日の猛暑の中、暑さでグダグダにのびている猫たちを見て、クーラーでは強すぎるからと日中の熱い昼過ぎの時間に28℃で除湿を2時間ほど入れてあげていました。冷房ではないけど、結構部屋の温度は下がります。人間や成猫にはちょうどいいか物足りないくらいでしたが、仔猫にはちょっと低いかなと考えがよぎったこともありました。先生に言いましたら、「そうだな、クーラーは冷えすぎると仔猫はすぐ風ひいちゃうだろうな。ちょっと暑いくらいでいいんだよ」と言われました。
保護して10日間くらいは皆元気だったのに…。そんな冷やしすぎたつもりはなかったけど、所詮人間の感覚。確かめるすべもありませんが、もしそうなら、悔やんでも悔やみきれません。

| | コメント (0)

回復と悪化

りんは相変わらず咳が出ること以外は元気で、問題なさそうです。
ちょろ、ひなこ、もうくんもごくたまにくしゃみをするくらいで、それぞれ元気に回復している様子です。

一方、ちょんは日に日に悪くなっている状態です。
昨夜より右目があかなくなり、呼吸も苦しそうで時折上を向いて口をあけています。咳は出ていないので、肺炎ではないかもしれません。でも、よくないです。
仕事から帰ってすぐにちょんの状態を見ましたが、ちょんの様子は相変わらずです。みんなのごはんをあげてそれぞれのゲージの掃除を始めました。
その後、どうしても気になって様子を見に行きました。
ちょんはトイレの中に横たわり、呼吸が浅く苦しそうな状態です。片目は開くことができず、両目とも赤くなり、流涙で顔が濡れたようになっています。
Chon3
「このまま朝になったら、ちょんは生きていない気がする…」
Chon4
もう、夜遅かったのですが、どうしても不安がぬぐいきれず、先生にphoneto
症状を伝えると、「あんたがそう思うなら間違いないよ。悪い予感てのは当たるもんだ。いいよ、連れておいで」

電話を切るや否や急いで病院へ向かいました。
ちょんを見せると「なるほど」といった顔をして、「預かります」と。
すぐさま処置をしてもらい、何度も頭を下げて帰路に着きました。
不安は拭い切れませんが、病院に入ったということで少しの安堵感が出ました。
ちょん、死なないで。

| | コメント (0)

経過

りんは昨日に引き続き、咳以外の症状はなく食欲もあり便も良好。ご機嫌upです。

ちょんは今日も食欲なく、うるうる涙目になっています。
ちょろは食欲も出て、元気になってきています。
ちょんとちょろは一緒のゲージに入れてありましたが、今朝トイレに下痢便があったので、どちらか分からないと困るので、それぞれゲージを分けることにました。

ひなこともうくんも食欲が出てきて、2匹でじゃれあって遊び出しました。便もよさそうです。

| | コメント (0)

感染???

朝、りんの兄弟2匹とひなこともうくんもくしゃみをし始めたことに気付きました。りんの病気がうつったのか?とても心配になりました。まして仔猫です。すぐに病院へ連れて行きました。
4匹とも症状はほとんど時折出るくしゃみだけですが、食欲も落ちているので、りんの病気が病気だけに楽観視はできません。4匹とも注射を打ってもらい経過を見ることになりました。もしかしたら、りんの病気がうつったのかもしれないと可能性はあると言われました。ゲージはそれぞれ別にして、それぞれタオル等で覆って壁を作ってありますが、飛沫感染ということになるのでしょうか。心配です。

当の本人は昨夜打った注射がよく効いているようで、今日は朝夕ともにバクバクごはんを食べ、食後はおもむろにゴロンと横になりのびのびしています。りんはとりあえず咳以外は、熱も下がったようでご機嫌な様子ですcoldsweats01
Rin1_2

| | コメント (0)

里親会を開催します☆

来る8月10日(日)に里親会を開催することが決定致しましたcat

当会にて保護している猫たちと直接お見合い、見学、相談する機会ですshine
猫の里親をお考えの方、検討中の方、この機会にどうぞご参加くださいhappy01
↓詳細はダウンロードしてご覧ください↓

里親会のお知らせ soon 「satooyakai.pdf」をダウンロード

参加する猫は当会のHPをご覧になってみてください。

アニマルフレンドシップHP http://www.animalfriendship.jp/nekolist.htm

里親会開催場所は神奈川県大和市にある山口獣医科病院内です。
山口獣医科病院へのアクセスは当病院のHPをご覧になってください。

山口獣医科病院↓
http://www.yamatake1974.co.jp/cgi-bin/hp/sitemaker.cgi?mode=page&page=page1&category=0

※当会主催の里親会になります。病院とは関係ありませんので、ご質問・お問い合わせ等は直接当会へご連絡をお願い致します。くれぐれも、病院へのお問い合わせはご迷惑となりますので、おやめくださいませ。

アニマルフレンドシップ info@animalfriendship.jp

| | コメント (0)

くしゃみじゃない!

頻繁に発するりんのくしゃみだと思っていたのは、実は咳でした。音だけ聞いているとくしゃみとほとんど区別がつかない音なのですが、ずっと様子を見ているとむせるような咳をしていることが分かりました。
抗生物質も効いていないようで、咳の数は日に日に増え、食事は日に日に減っていきます。これは何かおかしいと思い、薬が合わないのか違う病気なのか、すぐに先生にtelephone「連れてきて診たほうがいい」ということになり、仕事後に急いで病院に連れていきました。
先生がりんを見て咳を聞いて、「風邪じゃないな」と一言。聴診して診察したところ、肺炎にかかっているということでした。注射を打ってもらい連れて帰って様子を見ることに。
仔猫はそれぞれ別のゲージにしてあるけど…心配です。

| | コメント (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »