« 回復と悪化 | トップページ | 生きて! »

経過(ちょん)

昼ごろちょんの様子を聞くため病院にtelephone
「変わりありません。」との回答。
悪くもなってないかわり、よくもないということ。
今日はどうしても病院へ行けそうにないので、
何度もよろしくとお願いをしてtelephoneを切りました。

色々ことを考えます。
ちょんの容態から先生はFIP発症の可能性を示唆。
私自身、色々と最悪な診断も考えていましたが、いざ診断を下されると辛いものです。
そして、原因はもともと持っていたコロナウィルスが発症したのだろうと。遅かれ早かれ発症するときはすると…そうなのかもしれませんが、起因はおそらく私の責任だと思います。

連日の猛暑の中、暑さでグダグダにのびている猫たちを見て、クーラーでは強すぎるからと日中の熱い昼過ぎの時間に28℃で除湿を2時間ほど入れてあげていました。冷房ではないけど、結構部屋の温度は下がります。人間や成猫にはちょうどいいか物足りないくらいでしたが、仔猫にはちょっと低いかなと考えがよぎったこともありました。先生に言いましたら、「そうだな、クーラーは冷えすぎると仔猫はすぐ風ひいちゃうだろうな。ちょっと暑いくらいでいいんだよ」と言われました。
保護して10日間くらいは皆元気だったのに…。そんな冷やしすぎたつもりはなかったけど、所詮人間の感覚。確かめるすべもありませんが、もしそうなら、悔やんでも悔やみきれません。

|

« 回復と悪化 | トップページ | 生きて! »

♂♀里親募集中の猫♀♂」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 回復と悪化 | トップページ | 生きて! »