« 経過 | トップページ | 経過(ちょん) »

回復と悪化

りんは相変わらず咳が出ること以外は元気で、問題なさそうです。
ちょろ、ひなこ、もうくんもごくたまにくしゃみをするくらいで、それぞれ元気に回復している様子です。

一方、ちょんは日に日に悪くなっている状態です。
昨夜より右目があかなくなり、呼吸も苦しそうで時折上を向いて口をあけています。咳は出ていないので、肺炎ではないかもしれません。でも、よくないです。
仕事から帰ってすぐにちょんの状態を見ましたが、ちょんの様子は相変わらずです。みんなのごはんをあげてそれぞれのゲージの掃除を始めました。
その後、どうしても気になって様子を見に行きました。
ちょんはトイレの中に横たわり、呼吸が浅く苦しそうな状態です。片目は開くことができず、両目とも赤くなり、流涙で顔が濡れたようになっています。
Chon3
「このまま朝になったら、ちょんは生きていない気がする…」
Chon4
もう、夜遅かったのですが、どうしても不安がぬぐいきれず、先生にphoneto
症状を伝えると、「あんたがそう思うなら間違いないよ。悪い予感てのは当たるもんだ。いいよ、連れておいで」

電話を切るや否や急いで病院へ向かいました。
ちょんを見せると「なるほど」といった顔をして、「預かります」と。
すぐさま処置をしてもらい、何度も頭を下げて帰路に着きました。
不安は拭い切れませんが、病院に入ったということで少しの安堵感が出ました。
ちょん、死なないで。

|

« 経過 | トップページ | 経過(ちょん) »

♂♀里親募集中の猫♀♂」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 経過 | トップページ | 経過(ちょん) »