« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

全盲になった仁くん

今日は本当は天気も良かったので、フリーマーケットの参加を予定していたのですが、急遽予定を変更して、病院へ”仁くん”のお見舞いに行きました。

20日前―。仁くん(グレちゃん)は車に轢かれてしまいました。毎日ごはんをくれるエサやりさん家の目の前で。おばさんの家の前はエサ場になっているから、仁くんはいつもそこにいました。
仁くんと出会ったのは、ちょうど半年前。自分達の管理している公園の猫達の避妊手術がほぼ一段落し、自宅近所のボランティア仲間が住む町内会の野良猫の避妊手術の活動のお手伝いを始めた時でした。紹介してもらったそのエサやりのおばさんの所には、毎日5~6匹の猫たちがごはんを食べに来ていました。そのほとんどの猫たちは避妊・去勢をしていませんでした。そして、最初に捕獲を始めたのがこの現場になりました。ほとんどの猫が知らない私たちを見ると身をかがめたり、姿を隠したり逃げようとするなか、仁くんは何の疑いもなく、スリスリゴロゴロ近寄ってきて、捕獲器を使うことなく用意したケージの中へ抱っこして入れることができました。ケージの中にいても大人しく、暴れることも鳴くこともなくゴロゴロゴロゴロ、ケージ越しにこちらを見つめる瞳に、なんていい子なんだろうと―。
エサやりのおばさんは、「この子は本当にいい子だよー。一番懐いているからね。」と自慢気にいい、ケージに入った仁くんに「早く手術してもらって、帰ってくるんだよ。待ってるからね。」と。

つい先月も、回覧を回すおばさんの後をくっついて歩く仁くんを目にしていました。仁くんはおばさんが大好きなようでした。仁くんはいつもおばさんのそばにいます。立ち話をしているおばさんのそばにも、近所を回るおばさんの後にも、いつも仁くんがいました。
おばさんの家は結構交通量の多い道路に面しています。大きい道路の抜け道になっていて、裏道の割りに道幅が広いので、通る車は結構スピードも出していきます。ボランティア仲間が過去に何度かその道路で猫が轢かれているのを見ていたし、おばさん自身も何度も猫が轢かれる事故を見てると言うので、せめて仁くんだけでも飼ってあげてくれないかと何度かお願いしましたが、家の事情で飼えないと。
「うち、もう1匹いるしさ、この子だったらいい子だから、すぐ貰い手みつかるよ。」
おばさんの周りの住人も、人にも車にも警戒心を持たない仁くんがいつか轢かれるのではと危惧していました。

11/11の朝。ボランティア仲間からのSOSが入りました。仁くんが轢かれたと。
公園でエサをあげていた私達は、急いでかけつけると、片目が飛び出して呼吸の浅くなった仁くんがいました。ボランティア仲間が自転車で近くの病院へ連れていったのですが、なんだかんだ理由をつけ、遠まわしに診察を断られてしまったそう。野良猫だから…。
事故にあったのは前の夜の10時頃のようでした。エサやりのおばさんの隣人がおばさんの家の前で轢かれている仁くんを見つけ、すぐにおばさんに連絡したそうですが、おばさんはとりあえず仁くんをダンボールに入れて、車庫のすみに置いておいたようでした。翌朝、話を聞いたエサやりのおばさんの近所に住む猫好きなおばあちゃんが、仁くんを心配して、ボランティア仲間に連絡をしてきたそうです。
「なんで、すぐに病院に連れていってあげないの?」
「だって、お金がかかるだろ。」

とにかく急いで車に乗せ、山口先生の所に行った。病院に着いて、仁くんを見て先生は、「ひどいな~。これはどっちにしても時間がかかるな。」と。どのみち入院になるとのことだったので、仁くんを預けて一旦ひきあげ、連絡をもらうことになりました。
夕方、気になって電話をいれると、これから手術をするとの回答。その後、夜遅くなってから、連絡をもらいました。検査の結果、左目は眼球が破裂していましたが、他にはどこも骨折等はないとのことでした。左目の摘出手術をし、点滴等の処置をしてもらい、あとは本人の回復力次第ということになりました。

翌日、ボランティア仲間からおばさんにその旨を伝えてもらうと
「そんな痛い思いして可愛そうにねぇ。いっそ死んじゃった方が良かったのに」
「戻ってきても、うちじゃ面倒見れないよ。エサなんかあげない方がよかったねぇ」
「私がエサなんかあげたから、事故にあっちゃたんだ。」
仁くんの厳しい状態を思っていったことだけど…。でも、今現に生きてるんだから。

翌日、面会に行くとケージのなかでボーっとしている仁くんがいました。何がなんだか本人は分かっていないような感じでした。ただじっとうずくまっていました。

1週間後、仁くんは元気になってきていました。自分でごはんも食べるようになり、声をかけると振向き反応するようにまでなりました。まだ完全に安心できる状態ではないですが、峠は越えたような気がしました。(あぁ、良かった。)
でも、悲しいことに仁くんの残った右目も、そのときすでにもう光を失っていました。声をかけると、一生懸命声のする方をキョロキョロ探す仁くん。たまらず、そっと撫でてやると、またいつものようにゴロゴロゴロゴロゴロ・……。

そして今日、久しぶり(1週間ぶり?)に会った仁くんは、とても元気そうでした。見えないながらも、音や匂いそしてひげで方向や距離を測り、ケージを開けてやると、上手に台を使って自分から降りてきました。
Jin1
「おいで」
人の手が触れると気持ちよさそうに目を細め、頭をぐりぐり押し付けて、ゴロゴロゴロゴロ。狭い病室の中でも人のそばにこようとして、人の気配を探す仁くん。やっぱり、この子は人間が大好きなんだなぁってつくづく思う。君をこんな目に合わせたのも人間なのに…。

全盲になった仁くんのこと、何度もおばさんに家に置いてあげてくれないかと頼んでみるが、いつもいい返事はもらえなかった。「うちは無理だよ。」
もう無理だと分かってはたけど、仁くんが大好きなおばさんだから最後に聞いたの。
「せめて片目が見えてればねぇ、置いてやろうかとも思ってたのに」

相方と目が合う。黙ってうなずく。仁くん、君にもきっといい家族が現れるよ。私たちがきっと探してあげるから。帰り際、担当の先生に仁くんの検査等を頼んで帰ってきました。

仁くんにはもう帰るところがない。でも、もういいよ。あそこにはもう帰らなくてもいいよ。

Jin
仁くんの目は、光を失ってしまったけど、
でも、今までと変わらず輝いています。

| | コメント (0)

経過報告~ひまのその後

とりあえず、ひまわりの脱走劇は2日で幕を降ろしました。

脱走の翌日、逃げ出した穴をふさがれてしまったひまは、唯一開いている押入れの上の天袋からひょっこり姿を現したそうです。(計算どおりっflair)やはりお腹が減ったのでしょうね、下に降りてこないとごはんを食べれないようにしておいてもらったおかげで、ひまが下に降りた隙を狙って天袋の戸を閉めたそうです。もう上へ逃げ場がなくなってしまったひまは、その後はエアコンと天井の隙間に身を潜めるようになったそうですcoldsweats01とりあえず、

| | コメント (0)

近況報告~うーちゃん その2

ふだんはドシッと構えてて、全てを掌握したような顔してのんびり過ごしているように見えるうーちゃん。でも、その風貌からは想像できないほど、実はとっても機敏で遊びも大好き猫じゃらし振られるとついつい本気になってしまうというお茶目なところもあるのです。そんなうーちゃんの様子をmovie送っていただきましたhappy01

『 やんばるさん、どうもこんにちは!I原です!ご無沙汰しております。
 今日はうーちゃんに会いに(?)実家に来ております。
 相変わらず欠点が見つからない、とてもとてもいい猫ちゃんであります。
 ハッスルしてる姿をお送りします。』

| | コメント (0)

正式譲渡決定☆瞳ちゃん

みーちゃん親子の最後の娘。瞳ちゃんの正式譲渡が決まりました~happy02

瞳ちゃんは3姉妹でした。保護当時子猫3匹とも風邪をひいていましたが、瞳ちゃんだけは症状がとても悪く、すでに左目は光を失った状態でした。保護時はまだ小さかったため、大きくなってからダメになった左目を摘出し、片目欠損というハンデを背負ってしまいました。が、それは見た目だけのこと。とても機敏に走り回り、遊ぶし、トイレも食事も問題なく、見た目以外は他の子たちとなんら変わりない子です。とはいえ、一般の方がハンデを持った子を受け入れるということは、なかなか容易ではないという現実を私たちは瞳ちゃんを通じて身にしみて体験しました。
兄弟たちが次々と里親さまが決まり、ママもいなくなり、瞳ちゃんに対する問い合わせや応募はあるものの、やはり考え直したと本決まりまではいかず、何度も縁が結ばれることなくきました。正直なところ、私たちの中でも里親探しは無理かもと半ばあきらめており、このままうちでずっと保護しようという話も出ていた時期でもありました。
そんな折、是非というお申出を頂き、最初は半信半疑でしたが、T橋さまの誠実で一生懸命で前向きな対応にも、安心して瞳ちゃんをまかせることができました。
そして、このご縁は私たちにとっても大変うれしい出来事であり、またこの先この活動を続けていくうえでも、大変励みとなっていくでしょう。

Hitomi3

初日の半日こそ緊張していたようですがそれ以後は馴染んでくれたらしく
 元気に走り回り順調に生活をしております。
 今では元気すぎて逆に驚くくらいでもありますし、
 トイレのしつけや大声で鳴くなどの事前の心配もまったく不要でした。
 ネコじゃらしを振れば飛び掛りますし、ネコタワーも気に入ってくれたようで
 朝にカーテンを開けると通勤で駅に向かう人を楽しそうに眺めています。
 ひざに乗ることはありませんが、実家の頃に暮らしたネコでも
 抱っこや膝が苦手の個体もいたので気にしていません。
 リビング扱いの部屋から台所、和室も開放して好きなところを歩き回ります。
 すっかりこの部屋の住人になってくれたと思います。
  私は”ネコをもらう、飼う”という意識で引き取ろうと思っていましたが
 大間違いで、”同居ネコとして一緒に暮らしている”と思っています。』

Hitomi2

| | コメント (0)

近況報告~ココちゃん その1

ココちゃんの近況報告いただきました。
大事にされているのが伝わってきますね~。
こうゆうメール何度もらってもうれしいですheart02

ココちゃんはおてんばで朝は先住猫と運動会で走り回っています。
 昨夜は主人のポテトサラダを電光石火の早業でツマミ食いをして慌てて叱りました(T_T)
 下痢を心配しましたが舐めただけだったみたいでお腹は大丈夫そうです。
 やはりカミュ君が大好きで仲良くしています。
 家族全員ココちゃんが大好きでチビも毎日メロメロです。
 ココちゃんは少しチビが苦手みたいですが(笑)』

| | コメント (0)

正式譲渡決定☆おりん改め、ラガーくん

おりんちゃんも保護主さまより預かってから2日間で、うちから卒業していきました。なので、今回もやはり写真が撮れていませんでした。

おりんちゃんの経緯を補足します。おりんちゃんは、近所の公園のトイレに箱に入れて捨てられていました。保護主さんがたまたま見つけてくれたから良かったものの、当時はまだミルク飲みの状態でしたので、すぐに保護しなければ生命の方も危ぶまれていたことでしょう。保護主さまが、すぐに家に連れて帰り、毎日ちゃんとミルクを飲ませて大切に育ててくれたおかげで、おりんちゃんは元気で無邪気でとても可愛く成長しました。ふわふわの長毛が入った子で、愛くるしいその姿に保護主さんもずっと女の子だと思って、女の子の名前をつけていたそうですが、よく見ると実は男の子だったんですね~coldsweats01
新しいお家が決まり、『ラガーくん』なんて、カッコイイ名前をつけてもらいましたhappy02

『 ラガーを預かって今日で11日目ですが、
 日増しに我家にも慣れてきてくれたようです。
 先住猫るみも、ラガーのことをだいぶ受け入れることができるようになりました。
 ラガーがいたずらしなければ、威嚇することもありません。』

Orin1

ラガーくんの里親さまの癒し系のブログです↓

「cozy lifeを探しに」
http://lookforcozylife.blog64.fc2.com/

| | コメント (0)

近況報告~ハク その1

ハクくんの里親様K野さまからお便りいただきました。ハクくんの脱走があって、自身も大変でしたのに、いつも離れた妹のひまわりのことを気にかけてくださっています。ひまわりもやっとよいご縁に恵まれ、新しいお家で里親さまとともに頑張っていますよconfident

『 ひまわりちゃん、里親決定卲おめでとうございます。誾
 ひまわりちゃんからハク(かぶとくん)を引き離してしまったので、
 ずっと気になっていました。なので、本当に嬉しく思います。
 ひまわりちゃんが幸せになってくれることを、心より願ってます。・・
 ハクは、とても元気で、相変わらず食いしん坊です。
 ネネのご飯まで食べてしまうので最近は、ぽっちゃりしてきました。
 ぽっちゃりしたハクの写真を添付します。
 初めの頃の鋭さが抜けて、ぬいぐるみのようですョ。
  1度脱走してからは、外をとても怖がってます。
 ベランダにも出ますが、物音がするとすぐに戻ってくるので、
 もう脱走することもないと思います。
 今は、家が暖かいし、一番幸せな場所だとわかっているようです。』

081017_08590001 Haku

↑いやぁ~、大きくなりましたね~sweat01洋猫の血が入ってるから大きくなるとは思ってましたが、あっというまでしたね。写真でみると、大きいと思っていたネネちゃんと変わらないくらいに見えます。

| | コメント (0)

経過その2(すえ黒)

手術から4日め。左目の開きもほぼ元通りにもどっているように見える。ごはんもちゃんと食べるし、体調もよさそうだ。ゲージの中でちょっとタイクツそうだが、それも元気になってきた証拠だろう。
撫でられるのがとても好きで、「すえ黒~」といって手を差し出すと、自分からおしりを高々と持ち上げて撫でてくれ~とばかりに催促する。もうそろそろゲージから出してあげようかな。

| | コメント (0)

近況報告~ティアラちゃん その2

心温まるN藤さまからのお便り。じわじわと寒さがやってきたこの時期に、ほんわか心が暖かくなるひとときをいただきましたcatface

『 先住猫サフィーとも大分仲良くなりまして先程は
 ティアラがサフィーの毛づくろいをしていました。
 そして案の定というか、冬のお約束で
 2匹共ストーブの前を陣取って動きません(笑)
 ティアラは体重も少し増え毛量も
 しっかりしてきましたよ(^-^)ノ 』

Choro5
↑写真を撮るタイミングがいつも本当にいいですね~。先住のサフィーさんもティアラちゃんも本当にリラックスしているんでしょうね。ティアラちゃんのうっと~りした目つきもグーgood

| | コメント (0)

近況報告~ひじきくん

そういえばまだ、ひじきくんの記事ひとつも載せてなかったような。。。sweat02
ひじきくんは、保護した翌日に当会の里親会があり、検査のために一緒に病院に連れていったときに、K村夫妻に見初められて、検査の異常もなく、里親会会場からすぐそばのお宅だったため、里親会終了後にそのまま譲渡となりお届けしたので、写真を撮る間もなく、今まで保護した猫の中では、うちにいた期間がわずか1日。と最短で里親さま決定となりました。まさに歴代1位。この記録はきっと破られることはないでしょうcoldsweats01
ひじきくんは、仮名はこしょう。コショウ改め、ひじきくんです。白黒4兄弟でした。この兄弟もみなそれぞれ別々の道を歩むことになりました。そのうちのひとり、わかめちゃんは風邪をこじらせて小さなお星様shineになってしまいましたが、わかめちゃんの分もきっとそれぞれ幸せになれると思っていますconfident

あの日ひーちゃんは、夜になってもずーっとハウスから出てこず、
 ふてくされた様子でした(笑)
 
しかし!!翌日からはまるで別猫みたいになったのです。
 それまではすぐにパニックを起こしたり、
 精神的にムラがあったりしたのですが、
 とっても元気ではしゃぐようになったのです。
 今迄も元気ではしゃぐ事はあったのですが、何か違う感じです。

 あの日以来、毎日ゴロゴロを聞かせてくれる様になりました。
 
それまでもゴロゴロいう時はありましたが、とっても少なかったのです。
 
元々ビビリの性格だったみたいで、
 何かちょっとした事でビビるのは治っていませんが、
 
前までの様な症状はほとんど見られなくなりました。
 まだ完璧な安心はできませんが、少しホッとしています。
 とりあえず、このまま少し様子を見てみようと思っております。』

Kosyo

| | コメント (0)

ひま、お前もか!

朝、里親会にてお試し飼いをされているお宅からTELmobilephone。番号を見ていや~な予感down
ひまわりの里親さんからだった。
「すいません、実はひまちゃん、逃げちゃって…」 嗚呼…wobblyビンゴ!
「でも、とりあえず外には出ていないと思うんです。たぶん、換気穴から天井裏に行っちゃったみたいで…。」細かくお話を聞いたところ、とりあえず外に出た可能性はほとんどなさそうだった。でも、話だけでは状況も全く分からないので、夕方お宅に駆けつけた。
お届けしたリビングのどこに換気穴があったのか覚えてなかったが、行ってみると確かに一見エアコンの配管の穴のような10cmくらいの穴がふたつ天井付近の高い所に開いていた。タンスなど高い家具は何もない部屋なのに、よく見るとその穴の周りにはひまわりのものであろう白い毛が付着しており、驚いたことにTVボードから一旦、壁の鴨居に爪をひっかけ、おそらくすごい腕力で身体を持ち上げその穴に入っていったのだろう…壁や鴨居に爪の跡が残っていた。
「本当にここから?すげー!!」心配を忘れ、その運動神経のよさというか野生的な動物本来の底力というかに、思わず感動catface
家のつくりがちょっと変わっていて、その換気穴が1階と2階の間の天井裏へとつながっているらしく、リビングの上の部屋へ案内してもらうと、畳がめくられて床がはがされていた。聞くと、朝一番に仕事に行く前の大工さんを呼び出してあけてもらったそうだ。ライトで照らして天井裏を見るが、暗くて広くて姿をみることができなかったが、換気口から続いている天井裏の板のところにひまわりであろう足跡が埃の上に残っていた。おそらくここにいるのは間違いないと思った。
とりあえず家庭内野良になっては困るので、天井裏に置きエサは置かないようにしてもらい、最初に逃げた換気穴は塞いでもらって、畳もはめてもらって、出口を1階のリビングの押入れの上の天袋だけにしてもらった。
朝晩のごはんの時は声をかけて部屋の中にごはんを置いて、そこから出てくるかやってみることに。少し置いて姿をみせないようであればごはんはさげてもらうことにした。1~2日は怖くて動かないかもしれないけど、絶対にお腹がすいて出てくるはずだからと数日間様子を見ることに。それでも、姿を見せないようであればまた畳をあげてもらって天井裏に捕獲器をしかることにしました。
怖い思いさせたくないから、できれば捕獲器は使わないでいけたらいいのだけど。

同じ兄弟の血なのか、ハクに続いてひまも脱走。今回は外でなかったのがせめてもの救い。

| | コメント (0)

第4回里親会報告

昨日、第4回里親会を開催させて頂きましたevent
当会の保護している猫ちゃんcat11匹が参加しました。
事前のお問い合わせも多かったこともあり、多くの方に見ていただくことができました。
お越しいただきまして、本当に本当にみなさまありがとうございましたconfident

今回の里親会にて、子猫5匹と成猫1匹がよいご縁あって、
里親さまとめぐりあうことができました。
今週より早速、6匹の猫たちがそれぞれお試し飼いに入ります。

06_7283_3 ←『ひまわり』
  一番人気のあったひまわりちゃん。
  病院のお近くにお住まいのお宅です。
  お母さまが一目ぼれheart04だそうです。
  かわゆいですが、超ビビリなのです。
  ゆっくりゆっくり、時間をかけてください。

       

Panda ←『パンダ』
  病院に長期間入院していたパンダは
  看護士さんの間では超人気者heart04
  広いおうちでのびのび遊んで
  食べて寝て。
  やっと子猫らしい生活が送れるね。
      
   
  Sumi2
←『すみくん』
  是非、パンダと一緒にって言ってもらえました。
  もしかしたら、兄弟か従兄弟?かも。
  同じところで保護した子だから。
  あまえたんのすみくん、
  cat 一緒だから淋しくないね。
  

  

Chai1 ←『チャイ』
  今回参加した唯一の成猫のチャイ。
  子供たちはそれぞれみんな幸せになりましたshine
  まるでそれをちゃんと見届けてからのように、
  子供たちに続いて幸せの一歩を
  踏み出すことができました。
  茶トラ大好きな一家のおうちhouseへ。
  



Img_0729 ←『かれい』
  チャイと一緒のお宅へかれいも一緒heart04
  里親会になると体調崩していたかれいちゃん。
  兄弟はみんな幸せになってるよ。
  甘えん坊でお転婆の無邪気なかれいは
  きっとみんなに可愛がってもらえるでしょうnotes


Orin2
←『おりん』
  超可愛い長毛のキジ白の子猫ちゃんです。
  お人形のようにふわふわでころころで
  何をしてても可愛いおりん(男の子だけど…)
  三毛猫のお姉さんがいるおうちへ。


     次回の第5回里親会は12月23日(祝)に開催する予定です!
    
※ 予定はまだ確定ではありませんので、詳しくは当会HP上にて告知します。

| | コメント (1)

うれしい便り~そらくん

すえ黒くんの兄弟のそらくん(旧:あに茶)から、うれしいお便りを頂くことができました。そらくんの新しいお家は、2人のお子さまを含めてみんな猫好きなご一家で、すごくウェルカムで迎え入れていただくことができました。先住猫のきららちゃんもパッチリおめめでとっても可愛いです。
何よりすごいのが、下のお子さま!お届け日に知らない猫がきて興奮した先住猫さんの猫パンチにも動じず、フーフー怒られかまれてもケラケラ笑って、先住猫のあとをついて回っていました。そして、今はそらくんとも仲良しになったみたいですね~heart01

お陰さまで、きららもそらもとても元気です。
 
性格が真逆で、ベタベタとはいきませんが仲良しです。
 そらは、まるで飼い犬のように人間大好きの甘えん坊で、
 家族皆の手足を舐めながら近づいてきます。
 きららは、ある意味猫らしい性格なので、静観してる感じです。

 夜寝るときは、2匹で私の布団で寝てたりしてます。
 ぎゅうぎゅうで大変ですが、幸せな時間でもあります。』

Ani

| | コメント (0)

正式譲渡決定☆チェリー改め、ココちゃん

チェリーちゃん、正式譲渡が決定しましたscissors
先住猫さんがたくさんいるお宅ですhouse里親さまのK保さま自身、とても愛護の心の深い方で、とても優しい方でした。ご家族みなさん、動物好きなのだそうです。
新しい名前は『ココちゃん』になりました。可愛い名前ですね~heart04

『ココちゃんですがとても良い子で先住猫の黒猫以外とは打ち解け、遊んでいます。
 今日で一週間立ち家族全員ココちゃんが大好きになり
 このままずっと一緒にいたいので  是非うちの子にお願いしますm(__)m 』

Cherry

| | コメント (0)

近況報告~哲くん その2

またまたK茂さんからメールいただいちゃいました。今回はなんと、ビックリ!ニュースwobblyをいただきました。いつの間にか、家族が増えてるではないですか~!どうやらすっかり猫の魅力にはまったようですな~フッフッcat写真をみると、さらに賑やかで楽しそうなお家になりましたね~note

『哲ちゃんと麦丸は超仲良しです。
 ご安心を・・・。 10/27~メス6ヶ月の小雪ちゃんも仲間入り・・。
 哲は女の子にも優しいです。』
Sue1
 upwardright それにしても、公園にいるときの彼と大違い…同一猫とは思えんのぅ。。。   
Sue  

       

| | コメント (0)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »