« ☆第10回 里親会報告☆ | トップページ | うれしい便り~モフくんといちごちゃん »

落ち込むシャロン

昨日、シャロンの仔猫3匹のうち2匹が、トライアルでいなくなりました。
夕方まで、元気で人の姿みると「ニャアニャア♪」と仔猫よりうるさく騒ぎ、ごはんの時も仔猫を押しのけてほっとくと全部残らずバクバクと食べていたシャロンcat

なのに、お届けから帰ってきて「夜食ですよ~restaurant」とおやつを持っていってあげても、座ったまま私の顔を見上げ、お皿を置いても2,3口食べてやめてしまいました。
やんばる「あれ?あの大食らいのシャロンが食べないっcoldsweats02
「子供いなくなって、ショック受けてるんじゃない?」
やんばる「だって、まだ1匹残ってるじゃん」
「いっぺんに2匹いなくなったら、さすがに分かるんじゃない?」
やんばる「そうか…そうなのかな、よしよし。寂しいね、シャロン。でも、いつまでも一緒にはいられないんだよ。あんたも子供もそれぞれ幸せになるんだからね。」
撫でていても、心ここにあらずといった感じ。
いつもなら、ゴロゴロクネクネと体全体でうれしそうにしているのに…catface

Syaron2
寂しそうな瞳で、私の顔をずっと見つめるシャロン。
いつも子供ほったらかしで、強制的に一緒にケージにいれた時にしか子供のそばにいないのに、これは予想外の反応だった。
一晩たって、お腹すいただろ~と思ったけど、
やっぱり2、3口。すぐにやめてほとんど口をつけなかった。
そしてやっぱり私の顔をじっと見つめるシャロン。チクンと胸が痛んだ。

次回の第11回里親会は7月12日(日)に開催する予定です!


 
※里親会の予定はまだ確定ではありませんので、詳しくは当会HP上にて告知します。


book今日6/16(火)発売の週間女性自身光文社
 工場猫の記事が掲載されました!
book

興味のある方は、是非ご購入されてみてください!
工場猫物語に掲載できなかった、
三島正さんが撮影された写真が掲載されています。
もうひとつの工場猫の一面が見られると思います。

◇◆◇◆◇◆工場猫物語◇◆◇◆◇◆

好評発売中shine
昨年1年間、私たちの活動にずっと同行して、
取材してくださった写真家・三島正さんの
外に生きる猫たちのありのままの姿を撮った写真と
猫のボランティア活動のひとコマを綴ったドキュメンタリーの本です。

全国の書店やネットにて購入できます。
よろしかったら、是非お求めになってください。 (σ・∀・)σゲッツ
山口獣医科病院でも販売しています。

YouTubeにて、CM流しています。
「工場猫」「工場猫物語」で検索してみてね!


~購入の際のお知らせ~
 アニマルフレンドシップのHPのTOPページの右上にあるこの本のアイコン、
 amazonのアイコンからこの本を購入されますと、
 購入金額の3%がアニマルフレンドシップの活動資金に還元されるようになっています。
 よろしくお願い致します。

|

« ☆第10回 里親会報告☆ | トップページ | うれしい便り~モフくんといちごちゃん »

♂♀里親募集中の猫♀♂」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ☆第10回 里親会報告☆ | トップページ | うれしい便り~モフくんといちごちゃん »