« 2009年10月 | トップページ | 2010年5月 »

うれしい便り~Jくん、あおくん&あかくん、まるくん

里親さまからたくさんお便り頂きました~。ここの所、毎日メソメソdownして暮らしていたので、こうゆうお便りもらうたび、エネルギーが補給されていくようです。みなさま、本当にありがとうございますkissmark

まるくんの成長ぶりにびっくりcoldsweats01です。お渡しした時は、月齢よりも小さくてどこかはかなげな子猫だったのに…。たくましく成長してくれて嬉しいし、安心しましたconfident 4kgって、もう成猫だと思ったけど、うにくん(先住猫アメショー)と比べると、まだまだ小さいのねsweat02

Maruuni Maruuni2

O田さまより
「ご無沙汰しております。

 まる君が家に来て、早4ヶ月が経とうとしています。
 体重も4kgまでになりました。
 家に来た当初は、体重も600gまで落ちてしまい、
 本当に大丈夫かなと心配しましたが、今は本当~に大変元気です。
 ”うに”とも毎日仲良く遊んでいます。
 気が強いのか、挑んでは負けて、挑んでは負けての繰り返しです。
 気の弱い、うにの方がたまに気合負けして、逃げています。」

Jくん、赤ちゃんから子猫になりましたね~heart04ミルクからフードに変わってきているので、この先はぐんぐん成長していきますね。お世話も気苦労も大変な乳飲み子から大切に育ててくださって、本当に感謝です。やっと1歩離れて落ち着いて成長を見守れますね。

Dog Jdog2

S田さまより
「こんばんは
 Jくんが我が家へやって来てから、 1ヶ月が経ちました。
 体重は870g 日に日に大きくなっています。
 階段の上り下りもあっと言う間に出来るようになり、
 毎日家の中を探検しています。
 チョコもだんだんJくんのワンパクぶりに手が終えなくなってきています。
 唯一の逃げ場所だったソファーの上もついに登れるようになってしまいました。
 寝ている時意外はいつでもチョコに遊ぼう!遊ぼう!と猫パンチを仕掛けています。」
あかくんとあおくん(旧:タイガ&ベンガル)は、兄弟揃って人懐っこくて甘えん坊でした。以前のあに茶とおと茶達を思い出させる兄弟でした。新しいお家でも仲良しさんのようです。本当にそっくりで、パッと見だと見分けがつきませんでしたが、もう里親さまはすぐに分かるのでしょうね。
Akaao
H坂さまより
「元気に仲良く過ごしています」
   event第16回☆里親会のお知らせevent
来る11月29日(日)に里親会を開催させて頂きます。猫の保護数が多いため、今月すでに2度目となる里親会ですが、まだまだ新しい家族を待っている猫さんたちがたくさんいますので、皆さまどうぞご検討よろしくお願い致します。
詳しくは当会HPに日時、場所、参加予定猫の紹介等の詳細をUPupしてありますので、ご覧になってください。
4kyoudai2 Popo6

◇◆◇◆◇◆工場猫物語◇◆◇◆◇◆

   clover好評発売中
clover
Mail_2
昨年1年間、私たちの活動にずっと同行して、
取材してくださった写真家・三島正さんの
外に生きる猫たちのありのままの姿を撮った写真と
猫のボランティア活動のひとコマを綴った
ドキュメンタリーの本です。

全国の書店やネットにて購入できます。
よろしかったら、是非お求めになってください。
 (σ・∀・)σゲッツ
山口獣医科病院でも販売しています。

YouTubeにて、CM流しています。
「工場猫」「工場猫物語」で検索してみてね!




~購入の際のお知らせ~
 アニマルフレンドシップのHPのTOPページの右上にあるこの本のアイコン、
 amazonのアイコンからこの本を購入されますと、
 購入金額の3%がアニマルフレンドシップの活動資金に還元されるようになっています。
 よろしくお願い致します。

| | コメント (0)

さよなら、めぐちゃん

11月7日。めぐちゃんが…。
ツライツライさよならが、突然やってきました。

昨年11月に公園から保護して、3月には検査と治療で病院に2ヶ月近く入院して、悪性癌(扁平上皮癌)ということが分かりました。効果的な根治療法はなく、対処療法で延命療法をしていくしかありませんでした。最期はうちで看取ろうと決め、5月から我が家で一緒に闘病生活が始まりました。
日を追うごとにめんちゃんの顔はどんどん溶解していきました。昨年の10月に鼻の辺りがすり剥いたような傷だったのが、最期には鼻もおひげも溶解してなくなり、目の際下まで溶解が進み、歯茎が常にむき出しになっている状態でした。それでも、亡くなる日の朝までは、毎日すごい食欲で、他の猫の倍くらいのごはんを食べていました。でも、そんなに食べていてもめんちゃんの体は日に日に痩せて骨と皮になっていました。

11月の初めくらいからめんちゃんの下痢が始まりました。この半年間、下痢したり良くなったりを繰り返してきたので、「めんちゃん、またお腹ゆるくなっちゃったね」と言って、整腸剤や下痢止を飲ませましたが、なかなか収まりませんでした。それでも元気で食欲も落ちていなかったので、そんなに心配はしていませんでした。
11月7日の朝。ごはんを持っていくと、ケージ越しに「早くちょーだい、早くちょーだい。」と催促するいつものめんちゃんの姿がありました。「はいはい、めんちゃんが一番ね」と言いながらごはんを置くと、ガツガツガツとすごい勢いで食べ始めました。
昼過ぎ、おやつを持っていくと、朝と同じように早く早くとめんちゃん。やはり、置くとすぐに食べ始めました。整腸剤を入れていたので、食べないかと思ったけど、食べ始めたので安心していました。
夕方、お皿を回収しに行くと、半分以上ごはんが残っていました。「?」(あれ?確か食べてたよな。整腸剤が嫌だったのかな。)「ごめんね、めんちゃん。夕ご飯は整腸剤なしにするからね。」と声をかけると、「め~ん」と小さい声で答えてくれました。これが、これが最期になってしまいました。

その後、出かけた私は、夜遅くに帰宅。先に戻っている相方に猫たちの夜ごはんを頼みました。駐車場に着くと、相方から電話。「どこにいるの!早く戻ってきて!めんちゃんが死んでる!」「?!」慌てて家に飛び込み、駆けつけると、そこに冷たくなってしまっためんちゃんが…。「うそーっっ」めんちゃんを抱き寄せ、ゆすったり叩いたり、でももうめんちゃんの体は固く冷たくなり始めていました。
「めんちゃーん、めんちゃーん、なんでーなんでーなんでこんなことに…」
「なんで、なんで1人でいっちゃったんだよぉー…さよならも言えないじゃんよぉー…」
涙と嗚咽が後から後から溢れてきました。

最期は1人で逝かせたくないと、看取りたいと思って引き取ったのに、結局、一人ぼっちで逝かせてしまいました。帰ってきて訃報を聞いて、めんちゃんの姿を見てもその死を受け入れられませんでした。悪性癌と分かって、長くはないと理解はしていて、年を越せるか越せないかと、そう遠くはない日だと覚悟はしていたけど、これはあまりにも突然すぎました。明け方ようやく、涙も枯れ果て「一緒にいなくて、ごめんね」と言う事ができました。

うちに来てちょうど6ヶ月。やっと仲良しになってくれて、甘えてくれるようになっていました。
先月までは保護子猫も多く、全然かまってあげれなくて、今月に入ってようやく時間が出来初めてきた時でした。もっと、めんちゃんと一緒にいたかった。最期に一緒にいてあげたかった。後悔、後悔、後悔ばっかりです。ごめんね、めんちゃん。

   Megumi
   めんちゃんと突然のお別れから5日。まだ部屋に入るたび、空のケージを見ては、
    涙がじわっと溢れてきます。さみしいよ、めんちゃん。

| | コメント (1)

里親会報告&里親さまからのご報告☆

 本日、第15回ribbon里親会を開催させて頂きました!
 今回4匹の猫たちの新しいお宅が内定しましたhouse

Cookie
『クッキー』
4兄弟の中でも元気印の男の子。
まんまるおめめeyeの可愛い子です。
たくさん可愛がってもらってね。

Miko
『みこ』&『まい』
甘えん坊のみこちゃんと妹分のまいちゃんを
揃って迎えてくださることにheart04
二人は今日初めて顔を合わせたばかりなので、
新しいお家で仲良しになってくれることを期待します
good
(まいちゃんは保護したばっかりなので、
 写真が間に合いませんでしたsweat01
 キジ白の可愛い女の子です。)

Sizu
『しずちゃん』
ようやく懐いてきたばかりのしずちゃん。
ちょっと怖がりなので、焦らずゆっくり少しずつ信頼関係を
築いて頂けると嬉しいのです。
兄弟猫の『やまちゃん』が、先週新しいお家に行ってしまい、
一人ぼっちでずっと淋しそうでしたcat
たくさん愛情注がれて、可愛がってもらってほしいです。

そして、里親会後の楽しみnotes…と言ってはなんですが、
里親さまから、続々と嬉しいお便りをいただいております。
なかなかリアルタイムで全てをおすそ分けできず残念です。

☆こまちちゃん(旧:みさ)の1ヶ月のご報告頂きましたmailto
 先住猫のお姉さま方に臆することなく、可愛がってもらってるようです。
 先住猫さんのいるお宅に行った子が、みんなと一緒の写真に収まってる姿は、
 心からホッとして、温まる瞬間です。「嗚呼、里子に出して本当に良かった」と。

Komati0

H川さまより
「毎日、毎日、元気です。
 お姉ちゃん達ともすっかり慣れて、毎日飛び回ってます。
 体重は、1kgになりました。
 ジャンプ力もつき、もう行けない所はないですcoldsweats01

 こまちと出会えたおかげで、今まで知らないで過ごしてきたことを
 知ることができました。うちの子達も、もし出会えてなかったら…
 この子達は、もしかしたら…
 そう思うと、とても愛しい気持ちになります。
 「うちの子になってくれて、ありがとう」 」


☆ユキちゃん&クーたん(旧:クリリン&マスク)の約6ヶ月のご報告頂きました。
 この子たちは、ママは違えど同じ場所から同じ時に生まれた9匹の兄弟のような大所帯でした。
 それぞれみんな新しい家族ができ、そしてそれぞれみんな溺愛してもらえています。
 ママ猫さんもとっても美人のせいか、みんな成長してそれぞれ美男&美女になっていますkissmark

Kuririnmask
K井さまより
「ユキちゃんとクーたんが我が家へやってきて5ヶ月…
 それぞれ避妊・去勢をして元気に成長しています。
 手術後の性格が変わるのを期待してましたが、
 さほど変わらなくて、ちょっとがっかり?かなsmile
 生後6ヶ月を過ぎた頃から体型も一段と大きくなって、
 イタズラも拍車?がかかってきました。
 相変わらず、ユキちゃんの水遊びは困る反面、
 叱るのもそこそこに可愛くてシャッターをきってしまいます。」

☆あずきちゃんの1ヶ月の報告を頂きました。お届けの日から、すでに何年もそこにいたかのように
 すぐに慣れていたあずきちゃん。今もなお、K出さまとラブラブheart04の日が続いているようです♪

Azuki0
K出さまより
「体重1.3kg、ますますやんちゃで元気!です。
 立派になった尻尾を追いかけてグルグル回る姿は、
 本当に笑えます。
 我が家に来て、10日くらいから腕枕で寝ることを覚えてくれたので、
 春がくるまでは毎晩、極楽(人間が)ですhappy01

◇◆◇◆◇◆工場猫物語◇◆◇◆◇◆

   clover好評発売中
clover
Mail_2
昨年1年間、私たちの活動にずっと同行して、
取材してくださった写真家・三島正さんの
外に生きる猫たちのありのままの姿を撮った写真と
猫のボランティア活動のひとコマを綴った
ドキュメンタリーの本です。

全国の書店やネットにて購入できます。
よろしかったら、是非お求めになってください。
 (σ・∀・)σゲッツ
山口獣医科病院でも販売しています。

YouTubeにて、CM流しています。
「工場猫」「工場猫物語」で検索してみてね!




~購入の際のお知らせ~
 アニマルフレンドシップのHPのTOPページの右上にあるこの本のアイコン、
 amazonのアイコンからこの本を購入されますと、
 購入金額の3%がアニマルフレンドシップの活動資金に還元されるようになっています。
 よろしくお願い致します。




 


| | コメント (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2010年5月 »