« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

里親会のお知らせ

 このたびの「東北地方太平洋沖地震」におきまして、
 被害にあわれた皆様に
心よりお見舞い申し上げますとともに、
 犠牲になられた方々とご遺族の皆様に
対し、
 心よりお悔やみを申し上げます。

 そして一日も早い事態の終息、また地域の復旧・復興を

 心よりお祈り申し上げます。

連日のTVの報道を垣間見るたびに胸が痛みます。
明日3/20(日)は、予定通り山口獣医科病院内において
猫の里親会を開催させて頂きます。
計画停電や余震等、関東地方においても、
他人事ではない状況でございますが、
1匹でも多くの猫たちが、保護場所でのケージ生活ではなく、
新しい家族のもと安心して暮らせることを切に願っています。
こんな時だからこそ、どうか温かい手をお願い致します。

 日時 3月20日()12:00~16:00
 場所 山口獣医科病院内(第2待合室)

 
 詳しくはHPをご覧になってください。
 また、計画停電の影響があるかもしれませんので、
 お越しになる際には、電車や道路等の状況を確認のうえ、
 お気をつけていらしてください。
 Nami
 なお、病院のある地域は輪番停電の第2グループに該当します。
 現時点での 3/20(
)の計画停電の予定時刻は、
 PM18:20~21:20になっております。
 休日(日・祭日・連休)は、急激な電力の消費がない限りは、
 停電を行わないとしておりますが、最新の情報を確認してください。

 Sanji5
Rufi1
Niko
 

| | コメント (0)

地震後報告

みなさま、地震から丸一日が経過致しましたが、ご無事でしょうか。
これまでに携帯・メール等でご心配の連絡を頂きましたが、
個別に対応できませんので、こちらにて現状報告させて頂きます。
猫たちも私達も怪我等なく、ひとまず無事ですので、ご安心ください。
ご心配頂きまして、ありがとうございました。

3/11 PM14:46-その時私は仕事中で現場(埠頭)にいました。
詰所脇の倉庫の方に歩いていた時、急にくらくらっと足元が揺れ始め、
一瞬、立眩みかと思いましたが、そのうち倉庫につかまっていないと
自分では立っていられない状態になり、
近くにあったクレーンのジブが左右に大きく振れているのを見て、
(地震なんだ!)と実感。自分が想像している以上に長く大きな揺れに
真っ先に頭に浮かんだのは、お家にいる猫たちのことでした。
ふだん軽度(震度2や3)の地震でも、地上より揺れが大きくなる高層階の我が家。
1度目の長く大きな地震が治まったと同時に車に乗込み、家へ向かいました。
埠頭から大通りに出ると、すでに停電で信号機が消灯していたり、
水道管破裂なのか液状化なのかで、ある交差点ではひざ下まですでに冠水。
地震発生直後に出たせいか、大規模な渋滞をまぬがれ20分後には家に到着しました。

エレベーターは停止していたので、階段であがりましたが、
さすがに10階を超えたあたりで、息が切れだし足があがらなくなっていきました。
やっとの思いで家につき、部屋に入ると本当に震度5?というくらい、
家中の物が散乱していました。いつもなら帰るとお迎えのある猫たちの姿もなく、
それぞれの部屋にて安否確認のため猫たちを探しましたが、
1匹だけどうしても見つからず、泣きながら探して回りました。
でもどこにも見当たらず、余震も続いていたのであきらめて、
落ち着いて出てくるのを待とうと思いました。
洗濯機の水が溢れて洗面所が水浸しになっていたので、
ぞうきんで拭いていると、洗濯機の陰から少し尻尾が出ていました。
ビックリして駆け寄ると、洗濯機の裏に最後の猫がいました。
洗濯機と壁との間に挟まってさかさ向きに宙づりになっていました。
呼んでも触ってもピクリともしません。
大声をあげながら、洗濯機を片手でずらし片手で猫を引っ張りだしました。
目は瞳孔開いて動かないので死んじゃったのかと思いましたが、
心臓は動いていたので、泣きながら抱きかかえて寝室に行き、
ベットに座って撫でていると、急に震え出し小さくヒャア~と鳴きました。
ホッとして、リビングに行きTVを見て、この地震の怖さを改めて確認しました。

帰宅後、夜遅くなるまでほとんどの猫たちは隠れて出てきませんでした。
震災のショックのせいで、当日は食欲のない子も多数いました。
しかし、そんな中1匹だけ「火事場泥棒猫」が出現しました。

31101

帰宅後、一番最初に出てきて、最初こそはビクビクしていましたが、
キッチンにあったキャットフードが散乱してるのを見つけてボリボリ貪り食っていました。

まだまだ余談は許さない状況だと思いますので、
みなさま十分ご注意ください。
そして、現地にて震災にあった方達も本当に大変だと思いますが、
災害時にはその存在を軽視されてしまいがちな飼い犬や猫、
その他の動物たちのことも心配です。





| | コメント (1)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »