« くろちゃん、間に合わなかった…ごめん | トップページ | I’m back!梅ちゃん »

耳血腫、再び

今年の初めに左耳が耳血腫になり、2か月間の間、週に2,3回通院してギョーザ耳からキャベツ耳へと変貌を遂げた梅ちゃん。そういえば、通院中に先生との会話の中で「耳血腫って両方なる子多いから気をつけてね。」なんて言われていたっけ。

1週間前の10月7日(日)、前日梅ちゃんのお気に入りの寝床に黒い粒々が大量にあるのを見つけました。よく見ると瘡蓋のような黒い粒は何か見覚えがあり、梅ちゃんの耳を見ると、右耳の中が真っ黒になっており、触ると耳が熱をもっていました。その時点では、まだ耳血腫にはなっておらず、炎症をおこし真っ黒い耳垢がごっそりたまっており、しきりに耳を掻いていました。

翌日すぐに病院に連れていき、耳の洗浄と消毒をしてもらいました。取れた耳垢を顕微鏡でみてもらい耳ダニではないことを確認。おそらくまた細菌性(マラセチア)外耳炎が再発したんだろうとのことで、内服をもらってきました。
今回は耳血腫になる前に気付いて病院に連れていけて、処置できて良かった~なんて思っていたのもつかの間、その週の金曜日には耳が膨れはじめていました。

病院に連れて行くにあたって、どういった治療をするか悩みました。相方ともよく話し合って、また前回の時のように週に何回も通院するのは正直時間的に自分達も厳しかったし、梅ちゃんも病院に連れていくだけで激しく嫌がって、診察台の上で毎回放尿したり、脱糞したり雄たけびをあげたりだったので、相当なストレスフルな2ヶ月間だったこともあり、今回は意を決して最初から手術という決断をしました。

Umemimi4 Umemimi5      ↑まだ膨れ始めのようです。前回よりはまだ小さめの血腫です。

今回も真っ黒い耳垢を調べてもらいましたが、やはり耳ダニではなく細菌性(マラセチア)の耳血腫でした。マラセチアは何度もぶり返してしつこいです。マメに耳掃除をしてあげれればいいのかもしれないけど、梅ちゃんは耳掃除も爪切りも大大だ~い嫌いなので、自宅では無理なのです。激しく掻きだす前に菌の増殖を抑えてあげれてたら、きっともっと違ったように思います。今後は定期的に耳掃除をしてもらおうと思いました。

今回の手術は、耳に穴を開けて物理的に溜まらないようにという処置をしてもらいました。仕事帰りで遅い時間に快く手術をしてくれたいつもお世話になっている院長先生。本当に感謝です。

Umemimi6

1時間ほどの手術の後、一番怖いのは術後にちゃんと目が覚めるかどうかです。私は手術で何よりも麻酔が一番怖いのです。効かないのも困るけど、効きすぎるのも困る。家に連れて帰って目が覚めるまでは、本当に不安でたまりません。まして、今回はご高齢の梅ちゃんです。不安は倍増でした。上下に動く腹部をみて安心しながら、「梅ちゃん、ちゃんと目を覚ましてね。もうお家に帰ってきたよ」と何度も見に行きました。帰宅から約1時間ほどしたころ、梅ちゃんの鳴き声が聞こえました。急いで部屋に駆けつけてみると、ヨタヨタと起き上った梅ちゃんが鳴いて(吠えて?)いました。
ちゃんと覚醒したのを確認して、可哀想だけどエリザベスカラーをつけました。手術で耳に固定具をつけたのを、掻いて取れたら大変なので、やむなく装着することになりました。これから約2週間、梅ちゃん初めてのカラー生活になります。

|

« くろちゃん、間に合わなかった…ごめん | トップページ | I’m back!梅ちゃん »

◇保護猫 第2部隊」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« くろちゃん、間に合わなかった…ごめん | トップページ | I’m back!梅ちゃん »