« 2012年11月 | トップページ | 2013年6月 »

大ちゃん、よく寝ています

今日も夜、ごはんを食べた後に酸素BOXへ入れてみました。
するとすぐにベットに横になりました。
あ~良かった。全然嫌がってないみたい。
3時間くらいして見に行くと、仲良くsign02梅ちゃんとゴローとよく寝ていました~confident

Daifiv7

Daifiv8 ↑どのくらい中と外と違うのか分からないけど、よく寝ていますsleepysleepy

| | コメント (0)

大ちゃん~酸素BOXレンタルしたぜ~

2回目の再検査から、私は時には心を鬼にしながら、毎日大ちゃんと向き合っています。
あめとムチ(ナデナデと補液)を使いながら、なんとかいい方向へシフトするよう毎日模索しています。
そんな時、ある薬剤師さんに「貧血の時は赤血球が減っているから、血液中の酸素も減っているから、身体の隅々まで十分に酸素が行き届かなくてぼーっとしたりだるくなったりするんだよ。造血剤使っていても血はすぐにできないから、だから、酸素室に入れてあげるとだいぶ楽になるよ。」と聞いて早速ネットで検索

ペット用の酸素BOXがレンタルできることを知ったので、すぐに一番近かった会社に連絡して、すぐに行って借りてくることができました。

Daifiv6 ↑すぐに設置して大ちゃん投入。
  レンタル会社の人が「最初は慣れないから入るのすごく嫌がるかもしれません。」
  と言っていましたが…

Daifiv5 ↑「出せ~」と騒ぐこともなく出たがる様子もなく
  3分もしないうちに横になってくつろいでいる様子confident

病院の先生にも使って大丈夫かと聞いたけど、本人が嫌がらなければということだったので、少しでも楽になれたらいいなと期待してます。
レンタル会社の人の話では、使っているうちにこの中に入ると楽になるのが分かって、自分から入る子も多くいますよと言っていた。大ちゃんもそうなるといいな~

| | コメント (0)

大ちゃん~再血液検査

あれから半月。再び血液検査をしてもらった。
腎臓の数値はまだまだ正常値に比べれば悪いが、この半月でだいぶ改善してきている。先生が、「毎日ちゃんと補液できてるんですね。そのおかげかな」というので、「はぁ…、実は最初は1日置きにやっていたんですけど、だんだんすごく嫌がって逃走するので、実は今月入ってほとんどやれてなくて」「え、そうなの。それでこんなに改善されてるんだったら、ちゃんとつづけた方がいいです。頑張って」と、大ちゃんの運命(おおげさ?)は、私にかかっているのかと責任重大だ。
しかし、もっと重大なのは貧血だった。造血剤も使っているけど、上がるどころかさらに13%に下がってしまっていた。診察台の上でゴロゴロゴロゴロご機嫌な大ちゃんを見て、「立っているのだってつらいはずなのに、信じられない…」と。それから、「10%になったら、生命の危険ですからね」と釘をさされ、更に重くのしかかってきた。

Daifiv1_2
Daifiv_2 

↑調子がよくない日はこんな感じ。
 でも、どんな調子が悪くても誰かしら来ると起きてきて人の足や体に何度も頭突きして、
 かまってくれ~撫でてくれ~とアピールすんだよ。
 すごい甘ったれで健気ないい子なんだ。

| | コメント (0)

FIV~大ちゃん今日もご機嫌♪

あれから、1日置きに補液して5日置きに造血剤も使っている。
本当にあの血液検査の数値は間違っていないのだろうかというくらい毎日ご機嫌だし、寝てることは多いが寝たきりでもない。動きも特段ダルそうでもないし、量は決して多くないけど、ご飯も食べれているcatface

Daifiv3

| | コメント (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年6月 »