« 2013年11月 | トップページ | 2014年6月 »

!!緊急里親募集!!

新年早々、緊急で『dogの里親募集』でございます!

とってもとってもいい子ですので、どうかよろしくお願いいたします!
名前:シロちゃんです
性別:女の子です
年齢:7~8歳位です
毛色:短毛、折れ耳、ベージュです
    (ゴールデンレトリバーみたいな色?生成り?犬はこれを白っていうのか?)
犬種:雑種(中型犬)です
体重:18kg(ちょいぽっちゃりだそうです。)←できればあと3㎏落としたい!
性格:一言で言うと、とっても優しい子です。
    人見知りなく、従順で、誰に対しても(対人も対動物も)フレンドリー
    とてもかしこそうです(きちんとしつけをすれば一生懸命覚えてくれそう)
    とてもさみしがり屋です(ひとりぼっちは苦手です)
    おとなしく穏やかな子なので番犬には不向きです
健康:フィラリア検査(陰性)、一般血液検査(異常なし)、少しダイエット必要
    ワクチン接種済、レボリューション済、避妊手術済
Siro1Siro2_2
【経緯】
私たちの仕事場の近くに長年(10年以上)住んでいたホームレスさんが飼っていた犬です。子犬の頃からずっと365日24時間、このホームレスさんと寝食を共にしていました。周辺で働く人たちにもとっても可愛がって育てられたので、人に対して全く警戒心なく、攻撃性も全くなく、シロを知っている誰もが口を揃えて「本当にいい子だ」というくらいすっごい性格のいい子です。
しかしこの年末に、このホームレスさんの住んでいた小屋が行政により、強制撤去されてしまいました。たった数時間、あっという間のできごとだったそうです。この寒波の厳しい寒さの中、二人はどこにも行き場がなく、建物のかげで抱き合って野宿をしたそうですが、寒くて寒くてとても眠れなかったそうです。大好きなシロと一緒にいることを望み、最後の最後までシロと一緒にいる道を模索していましたが、このホームレスさんは、癌を患っていることもあり、やむなく施設に入ることになりました。それが去年の12/14(土)のことです。行政の人が数人来て、ホームレスさんを迎えに来ました。シロは週明けに保健所へ連れて行くというので、たまたまその場に居合わせた私の旦那さんが、取りあえずうちで保護すると言って、連れてきました。
私たちは、猫のボランティアなので、犬を保護するスペースも時間的ゆとりもはっきり言って全くありませんが、シロはそのまま保健所に連れていかれたら、4日後にはガス室にて殺されてしまします。まして、7年間、シロとホームレスさんが朝晩散歩して私たちの仕事場の前を通るのを私たちは、ほぼ毎日見てきたので、見て見ぬふりはできませんでした。
毎日常にホームレスさんと行動を共にしてきたので、うちに来てはじめて一人ぼっちの時間を体験したのでしょう、とても寂しいようで1週間位は一人になるとずっと泣いていました。その声は、「私はここにいるよー、早く迎えに来てよー」と言っているように悲痛で、もの悲しい声で、聞いていてとても胸が痛みました。うちに来て約半月が経ちました。でも、まだ不安気な目をしています。以前は生き生きとした純粋な目をしていました。
私たちがもっとかまってあげる時間があるといいのですが、今は例年にないくらい保護猫の数が多く、猫たちの世話等もあり、シロに対しては朝夕晩のお散歩するのが精一杯なのが現状です。一生懸命顔をじ~っと見て話を聞いてくれるので、きっとしつけとかを教えれば、一生懸命覚えようとしてくれるんだろうなと思います。
犬の飼い方のイチから全部、ほとんど分かっていないので、とりあえず今は、ネット等で色々模索しながら、シロちゃんの面倒を見ています。猫とは全然違うので、色々奮闘しています。
番犬としてではなく、家族の一員として愛情かけてくれる方を捜しています。
どうかよろしくお願いいたします。
お問合せは、まずはメールでお願いいたしますconfident

| | コメント (0)

新年おめでとうございます (^_-)-☆

 horseみなさま、

新年あけましておめでとうございますhorse
昨年度末は、公私共に忙しく年の瀬を送り、
家内のことは(ブログもですが…sweat02)ほとんど手付かずのまま、
新年を迎えてしまいました。
2014年が始まって、早4日目になりました。
たくさんの里親さまから、年賀状届きました。
この年賀状で卒業した子達の現在の姿を見せて頂けるのは、
年に一度の楽しみでもあり、日々の活動が報われる瞬間でもありますheart04
今年もたくさんの年賀状を送って頂いて、
本当にありがとうございました。
また今年も一年頑張れるパワー頂きましたgood
今年もみなさまにとっても、猫ちゃんたちにとっても、
      よい年になりますようにcat

| | コメント (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年6月 »